役員退職金の準備

役員報酬減額と社会保険料

 少子高齢社会においては、厚生年金保険料の負担はますます増えるのでしょう。しかし一方で、本当に年金をもらえるのだろうか、という疑問も消えないのが現状です。
 では、具体的にどのくらい社会保険料の負担が変わるのか、それを見ていきたいと思います。役員報酬を下げる際に、将来受け取る厚生年金額を減らしたくないと考えるのであれば、60.5万円が役員報酬額の下限です。300万円の役員報酬でも、60.5万円の役員報酬でも、厚生年金額は同じだからです。

役員報酬を下げる

 下記の表1は、月額100万円の役員報酬を70万円に下げた場合に、年間で所得税・住民税がどれだけ軽減されるかを表わしています。役員報酬を下げるということは、累進税率であることから高い税金がなくなることになります。
年間約100万円の税金が軽減されます。10年間で退職金をもらうとすると、1,054万円の税軽減となります。
毎月30万円役員報酬を下げて、10年後に3,600万円の退職金を受け取ります。

 つまり、生涯で会社から受け取る報酬総額を上げるわけではなく、下げた分を退職金でまとめて受け取るというわけです。
最終的に、役員報酬を下げてその分を退職金で受け取る場合の税軽減額は、756.1万円[1,054万円と297.9万円の差額]ということになります。

表1  月額100万円の役員報酬を70万円に下げた場合 (単位:円)

 

現在

変更後

差額(

役員報酬

12,000,000

8,400,000

▲3,600,000

給与所得控除

2,300,000

2,040,000

▲260,000

その他の所得

0

0

0

所得金額

9,700,000

6,360,000

▲3,340,000

所得控除

1,000,000

1,000,000

0

課税所得金額

8,700,000

5,360,000

▲3,340,000

所得税(a

1365,000

644,500

720,500

住民税(b

870,000

536,000

334,000

税額合計(ab

2,235,000

1,180,500

▲1,054,500



表2 役員報酬減額分を退職金で受け取る場合 (単位:円)

退職金の金額

36,000,000

退職所得控除

15,000,000

控除後の金額

21,000,000

課税所得金額(③×1/2

10,500,000

所得税(a

1,929,000

住民税(b

1,050,000

税額合計(a+b

2,979,000

税率

8.28%

役員退職金保険一括見積もりはこちらから

※サービスご利用にあたっての費用は一切不要ですので、是非、お気軽に、「役員退職金保険一括見積り」をお試しください。

  • 役員退職金トップ
  • 正しい活用方法
  • 活用事例紹介
  • Q&A
  • 保険コラム

ヒューマンネットワークが選ばれる理由

会社概要

保険についてのお問合せはこちら

  • "東京:0120-533-336 大阪:0120-540-570
  • アンケートに答えて小冊子プレゼント
    小冊子プレゼント!

PICKUP CONTENTS

  • 企業の無料診断
  • 経営者向け最新セミナー情報
  • オーナー経営者向け『小冊子』
  • 初めての方ご利用ガイド
  • お客様の声
  • メールマガジン

ISMS認定取得企業です

ISO/IEC 27001:2005 IS 602167
本社にて認証取得

弊社は、国内の保険代理店では初めて情報セキュリティ管理の標準規格、「ISMS適合性評価基準」の認証を取得しました。

取扱い保険会社

フリーダイヤルからいつでも無料でご相談頂けます。

アンケートに答えて小冊子プレゼント!

humannetwork

  • [本社] 〒104-0028
    東京都中央区八重洲2-4-13 アーバンスクエア八重洲2F
    電話 : 03-3517-2030 FAX : 03-3231-0231
  • [大阪支店] 〒532-0011
    大阪市淀川区西中島5-5-15 新大阪セントラルタワー南館8F
    電話 : 06-6100-6500 FAX : 06-6100-6501

ページの先頭へ